EDが気になったら検査を受けよう

EDというのは生活習慣病なので、原因はいろいろあり、素人には特定できないそうです。
ペニスが衰えてきたと考えていても、実際に検査を受けると、慢性的ストレス、血行不良、包茎、コンプレックスなどなど、予期せぬ答えが返ってくるものです。
僕がEDに悩みを持っているときも、最初は加齢によってペニスが弱くなったのだと考えていましたが、実際にクリニックに行くと、まったく別の答えが返ってきました。
僕の場合は全身の血流が悪くなっていて、ペニス(海綿体)への血流の停滞により、勃起力に影響が出ていたようです。
これを改善するためには、血液サラサラ食品を摂って、全身の血流をよくしていきながら、バイアグラを服用するといいと言われました。
バイアグラはペニスの血流をよくしてくれるのですが、全身の血行を促進させることはできないので、それは生活習慣を改善して補っていくことになります。

生活習慣を改善しても、10代のころの勃起力まで回復することはありませんでしたが、それでも20代前半くらいのパワーがよみがえったので、性行為は非常に充実したものとなりました。
まるで15歳若返ったようなパワーには、彼女もすぐに気づいてくれました。
女性はペニスの硬さには敏感で、それは快感の強さになって現れるようです。
中折れすると女性側の受ける快感も激減してしまうそうなので、心当たりのある男性はED治療薬を服用するといいでしょう。
僕の場合はバイアグラの処方を受けましたが、体質・相性を考慮してレビトラ、シアリスの処方を受けることもあるそうです。