EDがきっかけで生活改善

私は20年ほど喫煙しており、お酒も毎日飲んでいました。
ですがEDになったことがきっかけで生活習慣を見直し、喫煙も飲酒も控えるようになりました。
EDになったことはすごく悩みましたが、おかげで自分の生活について見直す良いきっかけになったと思います。

最近では社会の複雑化によってストレスを抱えやすくなったことから、ストレスが原因で深刻なEDになるケースも増えているので、精力剤の意味も昔とは変わってきています。EDになると単に勃起障害に対しての悩みが出てくるだけではなく、自分に自信を無くしてしまうことも多いことから、精神的なケアが必要になる場合もありますが、深刻になると鬱状態になってしまう場合もあるため、EDになったらすぐに適切な対処をする必要があります。(引用:日常生活とED

禁煙を行い、休肝日を作るようになると、自然と体が軽くなっていったような気がします。
以前は勃起の持続力がなく、また自分自身の体力ももたない、というような格好悪い状況でした。
そのため夫婦生活もほとんどなくなり、夫婦の間にちょっと距離ができてしまっていたのですが、自分がしっかりとEDの悩みについて向き合うようになったため、妻も応援してくれるようになりました。
最近は運動もするようになったので、さらに体調が良いです。


代謝もアップし血液の流れもよくなったことで、下半身へ流れ込む血液の量がアップしたのでしょうか?
勃起の持続力は上がり、硬さも十分になりました。
これで妻を満足させることができます。
運動していることで体力もついてきたので、セックスの時に疲れてしまうなんていう格好悪い状態にもなりません。
男性は誰しもが悩んでしまう可能性がある症状ですから、ぜひ日頃から生活習慣に気を付けて過ごしてください。
予防していれば私のような格好悪い状況にはなりません。
男としてのプライドが傷つくだけです。
最近は治療薬もたくさんあるようですが、まずは自分でできることからやっていく方が良いでしょう。