恥ずかしさを我慢してクリニックに足を運んだ甲斐がありました

EDのせいで、恋愛に関して大きなハンデを背負ってきました。
小中学生のような幼い頃の恋愛ならいざ知らず、高校生以上になってから恋愛をするとなると、当然、身体の相性を知ることもお付き合いの重要な要素となってきます。
男というものは性的な行為をしたいという欲求を強く持っているものですから、恋人とそういうことができるのはとても喜ばしいことです。
しかし、僕にとっては、同時にとても恐怖を感じることでもありました。
恋人と良い雰囲気になって、ホテルやお互いの部屋などで行為を始め、お互いを愛撫しながら性感を高めていって、後は挿入するだけだというのに自分のペニスは勃起していない、なんて事態が十分起こり得たからです。
実際、最初に付き合った彼女とのデートでは、そのような事態に陥りました。
彼女は何とか僕のペニスを勃たせようと頑張ってくれたのですが、結局挿入できるほどにしっかりと勃起することはありませんでした。
男としてとても恥ずかしかったです。
その彼女とは、その後すぐに別れました。


そんなことがあって以来は、気になる女性ができても「もし付き合えたって、性行為をする仲になったら幻滅されてしまって終わりだ」と思えて、アプローチする気が挫けてしまうようになったのです。
そうして長らく恋愛を諦めていた僕でしたが、最近では少し気持ちに変化が出てきています。
しばらく前に「絶対にこの人とお付き合いしたい」と思える女性に出会えたことで、その人と付き合えることになった際に困らないよう、EDの悩み解消のために本格的に動き出したのが、変化の理由です。
それまで恥ずかしがって足を運ばなかった専門のクリニックに足を運んで、処方してもらった治療薬を飲んでみたところ、今まで悩んでいたのが嘘のようにしっかりと勃起することができて、自信がつきました。
もう少し服用回数を重ねて、自分に合った服用タイミングや服用量をしっかりと把握できるようになったら、意中の人をデートに誘ってみたいと思っています。
もし現在、EDによって悩みを抱えてしまっている方がいらっしゃったら、恥ずかしいからと敬遠せずに、ぜひ専門のクリニックに足を運んで治療を受けてみてください。
僕と同じように、意外と簡単に悩みが解消されて拍子抜けするかもしれませんよ。